シミュレーター

SecurityServerシミュレーター

Utimaco SecurityServerシミュレーターの用途

Utimaco SecurityServerシミュレーターを使用すると、ハードウェアの購入、配送、インストールを介することなく、容易に評価、開発、統合テストを実行することができます。現在、WindowsおよびLinuxオペレーティングシステムで利用可能です。R&Dチームの場合、シミュレーターは(アプリケーション)開発プロセスで役立ちます。CryptoServerソフトウェア開発キット(SDK)を使用して独自のHSMファームウェアを開発している顧客は、SecurityServerシミュレーターを使用してテストと検証を行うことができます。HSMを既存のITインフラストラクチャに統合すると、製造環境に影響を与えることなく、複数のユーザーがSecurityServerシミュレーターで開発成果物と対応するインターフェイスをテストすることができます。

また、SecurityServerシミュレーターを使用すると、標準化された暗号化API(PKCS#11、CSP/CNG/SQLEKMまたはJCE)を提供するサードパーティアプリケーションとHSMを統合することができます。このようなプラグ&プレイによる展開では、SecurityServerシミュレーターを使用して、さまざまな設定オプション、アプリケーション設定、負荷分散または高可用性のシナリオを評価することができます。

全体として、SecurityServerシミュレーターは、効率的な評価、開発、統合のために、SecurityServerのすべての機能を試すことができます。これは、ハードウェアセキュリティモジュールの導入において、最も簡単で費用効果の高いソリューションです。

開始する方法

UtimacoのSecurityServerシミュレーターをダウンロードするには、国際輸出規制に基づき、必要な登録手続きを行ってください。

UtimacoのSecurityServerシミュレーターに関する質問ソリューションの評価と統合テストに関するサポートの必要性以下のお問い合わせフォームまたはからお問い合わせください。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

How can we help you?

Talk to one of our specialists and find out how Utimaco can support you today.