CryptoServer CP5
Case study

EIUS - Utimaco HSMを使用した電子文書の安全な署名と共有

ケーススタディをについて

ケーススタディをについて

ハードウェアセキュリティモジュールが、文書の安全な署名、検証、転送という政府プロセスを保護し、日常のトランザクションを加速および簡素化する方法

次のケーススタディは、電子登録配信の分野における適格トラストサービスプロバイダー(QTSP)であるEIUSが、日常的な文書の署名と共有がより迅速で安全な方法で実行されることを効果的に保証した方法を示しています。EIDAS規則を遵守するためには、電子文書の利用において信頼性の促進と向上が課題でした。

以下を詳しく見てください。

  • 個人およびあらゆる規模の組織に対して、電子文書の安全な署名、共有、および検証のためのサービスを提供する方法

  • Utimaco認定の署名作成デバイス(QSCD)HSMを使用して、高保証の多層保護をを提供することにより、文書の安全な署名、検証、および転送を提供する目的で、既存のソリューションを強化する方法

  • 適格な証明書をeIDAS準拠のUtimaco FIPS認定QSCD HSMに保存することにより、改ざん防止の信頼性の高い環境内で、適格な電子署名とタイムスタンプの実装を可能にします。

このケーススタディは、Utimaco HSMがEIUSとシームレスに統合して、安全で適格な電子信頼サービスを提供し、裁判所の手続きに対する安全な電子サービスプロバイダーにリスト入りした方法を示しています。

EIUS Case Study

このドキュメントに興味がありますか?

コレクションに追加するだけです。右側の青いバスケットを使用して、コレクション内のこのドキュメントやその他のドキュメントへのアクセスを一度にリクエストすることができます。

ダウンロードセクションで、他の多くの貴重なリソースを探してください。

同じカテゴリのダウンロード

同じカテゴリのダウンロード

How can we help you?

Talk to one of our specialists and find out how Utimaco can support you today.