SecurityServer
Case study

KTU – ハードウェアベースのDNSSEC署名

ケーススタディをについて

ケーススタディをについて

ドメイン名システムセキュリティ拡張機能(DNSSEC)のハードウェアベースの署名を使用して、ウェブ上のドメインとデータを保護する方法

次のケーススタディは、リトアニアでカウナス工科大学(KTU)がどのようにトップレベルのドメインを担当しているのかを示しています。その課題は、ドメインをDNSSEC保護ゾーンに変えることでした。DNSSEC技術は、ドメイン名ごとに一意の署名を作成することで、不正なドメインやウェブサイトを防止します。

以下を詳しく見てください。

  • ハードウェアベースのDNSSEC署名ソリューションを展開する目的でUtimaco HSMを活用する方法

  • ソフトウェアベースの暗号鍵と比較して、Utimaco HMSによって生成される暗号署名が重要な理由

  • UtimacoのHSMを統合することで、KTUはプライバシーを確保するドメイン署名と、あらゆる種類のデジタル攻撃に耐えうる暗号鍵を生成できます。

このケーススタディでは、Utimacoとの成功したパートナーシップにより、KTUがインターネットのゲートキーパーになった経緯について説明しています。

Kaunas Case Study

このドキュメントに興味がありますか?

コレクションに追加するだけです。右側の青いバスケットを使用して、コレクション内のこのドキュメントやその他のドキュメントへのアクセスを一度にリクエストすることができます。

ダウンロードセクションで、他の多くの貴重なリソースを探してください。

同じカテゴリのダウンロード

同じカテゴリのダウンロード

How can we help you?

Talk to one of our specialists and find out how Utimaco can support you today.