SecurityServer
Case study

HashiCorp – 規制コンプライアンスを伴う一元的な秘密管理

ケーススタディをについて

ケーススタディをについて

コンテナ化されたセキュリティ インフラストラクチャが、分散型アプリケーションインフラストラクチャ全体で、最小限のランプアップと無制限の範囲で進化とスケールアップを実現することができる、データ保護と規制コンプライアンスを提供する方法をご覧ください。

HashiCorp Vaultは、秘密やその他の機密データを保護するために、トークン、パスワード、証明書、暗号化キーへのアクセスを一元的に保護、保存、および厳密に制御するセキュリティ ツールです。

以下を詳しく見てください。

  • 残りの攻撃面を排除する目的でUtimaco HSMを統合することで、どのように追加のセキュリティ層が導入されたのか

  • HashiCorpがUtimaco HSMを統合してソリューションを強化し、顧客がより高いレベルのセキュリティを必要とする場合に、より安全でコンプライアンスに準拠したソリューションをどのように実現したのか

  • HashiCorpの顧客の多くにとって、コンプライアンスと規制の要件はFIPs 140-2 HSM以上の使用が必須であり、そのため、Vault製品の提供が全体的に強化されます

  • FIPSレベルの説明

  • HashiCorpとUtimacoのパートナーシップにより、HashiCorpの顧客が自信を持ってシームレスに展開できる、コンプライアンスに完全に準拠した安全なソリューションがどのように実現したのか。

Utimaco HSMがHashiCorp Vaultと統合し、規制コンプライアンスを伴う一元的な秘密管理をどのように提供するのかをご覧ください。

Hashicorp Case Study

このドキュメントに興味がありますか?

コレクションに追加するだけです。右側の青いバスケットを使用して、コレクション内のこのドキュメントやその他のドキュメントへのアクセスを一度にリクエストすることができます。

ダウンロードセクションで、他の多くの貴重なリソースを探してください。

同じカテゴリのダウンロード

同じカテゴリのダウンロード

How can we help you?

Talk to one of our specialists and find out how Utimaco can support you today.