Atalla HSM
Case study

NayaPay Atalla AT 1000 HSMSは決済データを保護し、PCI DSS要件を満たします

ケーススタディをについて

ケーススタディをについて

決済プロバイダーが銀行グレードのHSMを通じて、決済データを快適に保護し、PCI DSSに準拠できるようにする方法

決済業界では、顧客の決済データのセキュリティを確保することが重要です。電子マネー機関であるNayaPayは、加盟店と消費者が安全かつ効率的に取引と通信することができる堅牢な決済サービスプラットフォームを構築する必要がありました。その課題は、セキュリティリスクを低減し、PCI-PTS(Pinトランザクションセキュリティ)準拠のキーブロックを採用することでした。

以下を詳しく見てください。

  • 口座開設、バンキング、デジタル決済、eマネーウォレット、請求書の支払いなどの便利なオプションを1か所で提供することにより、デジタル決済サービスプラットフォームのエコシステムがどのように顧客体験を向上させるのか

  • デジタルトランスフォーメーション - NayaPayがデジタルファーストの顧客ジャーニーを作成し、その中核に顧客のセキュリティを据えた方法

  • PCI DSS(クレジットカード業界データセキュリティ基準)とPCI-PTSの要件がどのように満たされたか

  • Utimaco Atalla HSMの導入により、PIN変換から安全な暗号鍵管理まで、さまざまな機能を備えた、堅牢でありながら柔軟な保護がどのように実現されたか

  • 単一のHSMソリューションを活用してNayaPayがコストを削減した方法

Utimaco Atalla HSMの導入により、NayaPayがどのようにデジタル変換を行い、製品提供をマルチチャネル決済環境に拡張したかをご覧ください。

Nayapay Case Study

このドキュメントに興味がありますか?

コレクションに追加するだけです。右側の青いバスケットを使用して、コレクション内のこのドキュメントやその他のドキュメントへのアクセスを一度にリクエストすることができます。

ダウンロードセクションで、他の多くの貴重なリソースを探してください。

同じカテゴリのダウンロード

同じカテゴリのダウンロード

How can we help you?

Talk to one of our specialists and find out how Utimaco can support you today.