IP Mediator
IPトラフィックのメディエーション – ETSI規格に準拠

IP Mediator

通信事業者が特定の合法的傍受(LI)機能に関するすべての合法的執行機関(LEA)の要件を満たすことができない場合があります。

IP Mediator Chart

そして、適応可能かつポータブルなLIソリューションを追加して、一時的に既存の機能を補完する必要があります。

主なメリット

主なメリット

Icon

ETSI準拠

ETSI 102 232 - 3準拠

Icon

コンパクトなソリューション

完全な管理システムが不要

Icon

ポータブルなソリューション

19インチのフォームファクタ

もっと

もっと

UTIMACOのIPメディエーターでIPトラフィックの傍受を実現

IPトラフィックのメディエーション – ETSI規格に準拠

UTIMACOのIPメディエーターソリューションを使用すると、IPトラフィック(xDSL、ケーブル)を傍受できます。通信事業者の作業は、傍受のためにIPトラフィックをミラーリングし、個別に専用リンクを使用してIPトラフィックを提供することだけです。そして、UTIMACOのIP Mediatorは、ミラーリングされたトラフィックを変換および仲介して、ETSI 102 232 – 3規格に基づき、共通のHI3経由でLEAにストリームを配信します。ここでIP Mediatorは、CCバッファリングおよびコンテンツ関連のHI1通知をリアルタイムデータ配信と組み合わせて提供します。

柔軟に運用できる合理的なソリューション

完全なLI管理システムを必要とすることなく、IPメディエーターソリューションの全機能を使用できます。SSHプロトコル はIP Mediatorへのアクセスを取得するために使用され、コマンドラインツールを使用して簡単に設定できます。このソリューションは19インチのフォームファクタでコンパクトに設計されており、持ち運びが容易で、さまざまな運用領域における柔軟かつ多様なアプリケーションの適用を可能にします。

  • HI1通知をサポート    
  • SSHとコマンドラインツールを介した構成と統計へのアクセス    
  • 19インチのフォームファクタによるポータブルなソリューション
  • CCバッファメカニズム    
  • ミラーリングされたIPトラフィックのみに基づくソリューション – 非侵入型でベンダーから独立   

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

How can we help you?

Talk to one of our specialists and find out how Utimaco can support you today.