テクノロジー

改訂された決済サービス指令(PSD2)とは何ですか?

定義:改訂された決済サービス指令(PSD2)、指令(EU)2015/2366は、2007年に採択された最初の決済サービス指令(PSD)、指令2007/64/ECを置き換えたものです。PSD2は、欧州連合(EU)および欧州経済領域(EEA)全体の決済サービスおよび決済サービスプロバイダーを規制するために、欧州委員会(国内市場総局)が管理するEU指令です。 

概要

改訂された決済サービス指令(PSD2)の説明

2007年に最初の決済サービスプロバイダー指令(PSD)が導入され、単一の決済市場の発展に貢献することにより、欧州連合におけるイノベーション、競争、および効率を促進することを目的としています。

2013年、欧州委員会はこれらの目標を改善するための修正案を提案しました。消費者保護の向上、決済市場における競争とイノベーションの向上、セキュリティの強化を目的としており、これらすべてが新しい決済方法とeコマースの開発を促進することが期待されています。

決済サービス指令2 (PSD2)は、電子決済サービスに関する欧州規制であり、EUで活動しているすべての決済サービスプロバイダーが監督と適切な規則の対象となるようにすることを目的としています。

過去15年間で、ほぼすべての新しい規制は、銀行業界のビジネスと運営モデルの厳格化を目指してきました。ただし、PSD2は、銀行が決済インフラストラクチャと顧客データ資産をサードパーティに開放することを義務付けており、サードパーティは顧客のための決済および情報サービスを開発することができます。

PSD2がもたらすその他の重要な変化は、市場の効率性と統合、消費者保護、競争と選択、およびセキュリティといった、時に重複する可能性のある4つのテーマに分類することができます。より具体的な変更点は次のとおりです。

  • すべての通貨とワンレッグ決済取引への範囲の拡大
  • 除外の範囲の変更
  • パスポートの発行、承認ルール、決済機関の監督
  • 消費者保護
  • 新しいプロバイダーと新しい決済サービス
  • 運用およびセキュリティリスク管理とインシデント報告
  • 運用およびセキュリティリスク管理とインシデント報告
  • 強力な顧客認証と安全な通信要件

これらのルールは、サードパーティの関与に関する新しい規制を導入しながら、顧客認証プロセスを改善することを目的としています。

PSD2は、新しい共通の決済基準を確立するだけでなく、「強力な顧客認証」を実装するための決済サービスを必要とし、個人の銀行口座にアクセスできるが、口座サービスプロバイダーではないサービスを含む規制ネットを拡大します。

これらの変更は、決済テクノロジーの進歩を反映し、既存のセキュリティ、データ、および詐欺の懸念に対処するために行われています。

したがって、PSD2は技術的および規制上の課題だけでなく、戦略的および運用上の課題でもあります。この課題に対応するには、明確な戦略、運用とインフラストラクチャの変更、リスクの評価と管理への明確な焦点、そして細心の注意を払うことが必要です。

ソリューション

ソリューション

ブログ投稿

ブログ投稿

関連商品

関連商品

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

How can we help you?

Talk to one of our specialists and find out how Utimaco can support you today.