ehealth
eHealth

保護対象のeHealthデバイス

医療データの交換を可能にすることは、より効率的な医療提供を実現する重要な手段です。しかし、臨床的な利点に加えて、接続された医療用IoTデバイスの普及に伴い、セキュリティとプライバシーのリスクがさらに広まっています。

これらのデバイスの管理が不十分だと、脅威の状況が拡大し、デバイス間での情報交換に関連するリスクを特定、管理、および削減する機能を備えた堅牢なセキュリティ戦略が必要になります。

PKIがデジタル署名を作成、配布、検証し、権限を与えられた者だけが情報にアクセスできるようにするため、暗号化は、機密性、整合性、認証という安全なシステムの実装に大きな役割を果たします。

Utimacoは、製造(キーインジェクション)からデバイス運用( PKI )、そして運用終了(キーの終了)までの完全なデバイスライフサイクルを通じて、デバイスのセキュリティとデータプライバシーを保証します。

信頼できるプロセス

信頼できるデジタルエンドツーエンドプロセスのアプリケーション

Icon

キーインジェクション

IDを保護するための道のりは、暗号化キーインジェクションによってコンポーネントが強化される製造プロセス中に始まります。キーインジェクションは、すべてのデバイスにIDを与え、HSMによって生成される必要があります。

Icon

公開鍵暗号基盤(PKI)

eHealthデバイスはPKIインフラストラクチャ内で運用され、機密情報の機密性、整合性、信頼性、および否認防止を保証します。停止中および転送中のデータを暗号化することで、データの盗難や改ざんを防ぎ、デジタルIDがユーザーとアプリケーションの安全な認証を提供して不正行為から保護することを保証します。

Icon

IoTコンポーネントのマシンID管理とセキュリティ

鍵インジェクション – 各コンポーネントに一意の電子IDを付与し、デバイスの信頼性を高めます。キーインジェクションにより配信される一意のIDにより、ITシステム管理者は必要に応じて、ライフサイクルを通じてデバイスを追跡し、特権を監視および取り消すことができます。

コンプライアンス

データセキュリティとプライバシーのコンプライアンス

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

How can we help you?

Talk to one of our specialists and find out how Utimaco can support you today.