Robots moving boxes
製造業とIoT

デジタルマニュファクチャリングへの移行

デジタル化に伴い、インダストリー4.0、デジタルマニュファクチャリング、スマートファクトリーなどの開発が増加しています。

デジタルマニュファクチャリングは、「テクノロジーを活用して製造プロセスを改善」し、リアルタイムのデータ分析を使用して製造プロセス全体を最適化する、接続され、ネットワーク化され、完全に自動化された環境である「スマート」ファクトリを作成します。また、リソース計画、製品およびプロセス設計の最適化の改善、工場の稼働率の向上、生産量の増加 - 時間削減、コスト、およびパフォーマンスも含まれます。

デジタルマニュファクチャリングは、IIoT、ビッグデータ分析、クラウドストレージ、自律型ロボット工学の製造工場への統合により、高品質で低コストの、高度にカスタマイズ可能な製品の製造を目指しています。

デジタルマニュファクチャリングの「スマートファクトリー」プラットフォームは、エンドツーエンドのセキュリティを必要とするプライベートおよびパブリックネットワークの動的な連合に基づいて構築され、認証、承認、プライバシー、メッセージの整合性などの機能を提供して、さまざまなデバイス間の「信頼」を確保することにより、サービスの統合を可能にします。

信頼できるプロセス

信頼できるデジタルエンドツーエンドプロセスのアプリケーション

Icon

デジタル署名

電子シールはPKI証明書を活用して、サービスプロバイダーのセーフティクリティカルで機密性の高いコラボレーションのユースケースと、企業間の統合自動化プロセスに、最高レベルのセキュリティを提供します。eIDASなどの規制に準拠し、製造された製品またはシステムの寿命を通じて法的主張と証明力のある証拠を提供します。

Icon

公開鍵暗号基盤(PKI)

PKIは、機密性の高いデータの機密性、整合性、信頼性、否認防止を保証します。静止時および転送中のデータを暗号化することにより、盗難、改ざん、悪意のある操作からデータを保護します。

Icon

コード署名

HSMベースのコード署名は、コードを物理的およびデジタル的に保護するための最も安全な方法です。署名後にコードが改ざんされた場合、署名は無効になり、信頼を失います。署名キーは保護されており、権限を与えられたユーザーまたはシステムのみがアクセスすることができます。

Icon

データとデータベースの暗号化

効果的なデータベースセキュリティがますます重要になりました。包括的な戦略がなければ、多くの機密データが危険にさらされる可能性があります。HSMを使用したデータベース暗号化は、機密データを保護し、安全に保管します。

Icon

クラウドサービスアーキテクチャ

ハイブリッドクラウドソリューションは、アジャイル、シームレス、追跡可能、安全な方法で分散型製造プロセスのアーキテクチャを採用しています。データセキュリティとプライバシー規制により、クラウドサービスとの間のデータ転送、および停止時には、継続的に暗号化される必要があります。

Icon

マルチクラウドキー管理

Bring-Your-Own-Key(自分のキーを持参する)というコンセプトにより、ハイブリッドクラウド全体およびライフサイクル全体を通して、キーを安全かつリモートで生成および管理し、データの完全な管理を維持し、いつでもどこでもデータのセキュリティとプライバシーを保証します。

Icon

ポスト量子暗号の俊敏性(将来の保証とPQC)

現時点では、量子アルゴリズムを実行できる量子コンピュータは存在しませんが、実行できるようになると、量子コンピュータはデジタル経済のセキュリティインフラストラクチャを破壊します。新世代の攻撃の出現に伴い暗号標準と暗号アルゴリズムが進化していく中で、製造およびIoTインフラストラクチャの進化を可能にするためには、ポスト量子暗号化方式が必要です。

Icon

5Gセキュリティ

5Gネットワークはソフトウェアベースのモデルに基づいて構築されているため、インフラストラクチャ層からアプリケーション層までのセキュリティを確保することが考慮すべき重要な要素です。HSMにより保護された5Gは、デバイスと銀行の間に安全なチャネルを作成します。

Icon

ブロックチェーン

独自のソフトウェアを、ブロックチェーン事業者の信頼できないネットワークに配布することで、プライバシーとセキュリティが失われる可能性があります。HSMをブロックチェーンソリューションに統合することにより、これを未然に防ぐことができます。HSM内に秘密鍵とデータを保存することにより、データの整合性とユーザー認証を劇的に向上させることができます。独自のコードは、知的財産を保護するために、HSM内で完全に保存および実行することもできます。

Icon

IoTコンポーネントのマシンID管理とセキュリティ

鍵インジェクション – 各コンポーネントに一意の電子IDを付与し、デバイスの信頼性を高めます。キーインジェクションにより配信される一意のIDにより、ITシステム管理者は必要に応じて、ライフサイクルを通じてデバイスを追跡し、特権を監視および取り消すことができます。

コンプライアンス

データセキュリティとプライバシーのコンプライアンス

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

How can we help you?

Talk to one of our specialists and find out how Utimaco can support you today.