Cryptographic Identity for Components
電気通信

コンポーネントの暗号化ID

車両はもはや単なる機械システムではなく、数十の電子制御ユニット、安全なコンポーネント、インフォテインメントデバイスが組み込まれています。これらのコンポーネントが防御なしで製造されている場合、ハッカーは傍受によって車両通信を操作する方法を見つける可能性があります。

各コンポーネントには、操作に対する保護を提供するためのIDが必要です。これにより、車両ライフサイクル全体にわたる車両資産の「インテグリティ」が保証されます。次のような使用例があります。

  • 製造および生産
  • ビークル‐ツー‐エブリシング(V2X)
  • 車両の内部機能
  • アフターマーケット製品とサプライヤー

複数のサプライヤーとテクノロジーを使用することにより、サプライチェーンに脆弱な弱点が生じ、コンポーネントが攻撃された場合、消費者の安全とブランドに深刻な影響を与えます。

安全なIDは、暗号化キーのインジェクションによってすべてのコンポーネントにIDが付与される製造プロセス中に開始されます。

Utimacoは、製造(キーインジェクション)からデバイス運用( PKI )、そして運用終了(キーの終了)までの完全なデバイスライフサイクルを通じて、デバイスのセキュリティとデータプライバシーを保証します。

信頼できるプロセス

信頼できるデジタルエンドツーエンドプロセスのアプリケーション

Icon

キーインジェクション

IDを保護するための道のりは、暗号化キーインジェクションによってコンポーネントが強化される製造プロセス中に始まります。キーインジェクションは、すべてのデバイスにIDを与え、HSMによって生成される必要があります。

Icon

IoTコンポーネントのマシンID管理とセキュリティ

キーインジェクション - それぞれのコンポーネントに一意の電子IDを付与し、デバイスの信頼性を高めます。キーインジェクションにより配信される一意のIDにより、ITシステム管理者は必要に応じて、ライフサイクルを通じてデバイスを追跡し、特権を監視および取り消すことができます。

Icon

公開鍵暗号基盤(PKI)

自動車デバイスはPKIインフラストラクチャ内で動作し、機密情報の機密性、完全性、信頼性、および否認防止を保証します。静止時および輸送中のデータを暗号化することで、操作や傍受から保護します。

コンプライアンス

データセキュリティとプライバシーのコンプライアンス

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

How can we help you?

Talk to one of our specialists and find out how Utimaco can support you today.